ミュージシャン・歌手【男性】

【GACKT】主演『カーラヌカン』相手役18歳新体操少女木村涼香

投稿日:

GACKT│14年ぶりの主演映画“一人の表現者として最高の作品を皆様に送ります”

 

こんにちは
管理人Pです。

 

17年公開予定
GACKT14年ぶりの主演映画
『カーラヌカン』
ヒロイン最終オーディションが

 

4月23日
沖縄・那覇市内で開催中の
『島ぜんぶでおーきな祭
第8回沖縄国際映画祭』内で行われた。

 

700人の応募者から
1次、2次審査を経た
ファイナリスト7人にしぼられ

 

東京都世田谷区出身の
高校3年生
18歳の木村涼香が選ばれた。

 

 

浜野安宏監督から
合格者として
名前を発表されると、
木村は顔を押さえながら
しばらく絶句…。

 

「感謝したい人がたくさんいるので
これから映画を通して
たくさんの人に見ていただけたら…」

 

と声を絞り出し
大粒の涙をこぼした。

 

木村は4歳から昨年まで
“ウーマンズ新体操クラブ”
新体操をしていた。

 

中学1年生の時
全日本ジュニア選手権で5位入賞。

 

13年には東京国体の
優勝メンバーにも入ったという
体操少女で

 

180度以上の開脚ができる
柔軟性を誇り、
この日もステージで
I字バランスを披露した。

 

これまで
オリンピック出場を目指し
猛練習に励んできたが

 

芸能界への憧れを捨てきれず
コーチの反対を押し切り
新体操を引退

 

退路を断ち、
オーディションに臨み
見事栄冠に輝いた木村は

 

「信じられない気持ちでした。
何て言っていいか
分からなかったです。」
とコメント。

 

「新体操をやってて
1つのことに
真剣になることができました。
人前に出るのも慣れていたので
今日は楽しかったです。」

 

度胸のあるところも見せた。

 

この映画は
沖縄の大自然を舞台にした
“川の神”の純愛物語。

 

タイトル『カーラヌカン』は
沖縄の言葉
カーラが、ヌが
カンが、という意味を持ち、
“川の神”を意味する。

 

 

今作のヒロインのテーマは
“沖縄の大自然が似合う
美しく野生美を纏う女性”。

 

候補者自ら
真海のイメージの衣装を選び、
最終課題である

 

“好きな人に呼びかけられ
横を向いた状態で
髪をかき上げながら、
好意を持つ男性からの視線に
気づいて振り返る”

 

というシーン。

 

木村は、
シンプルなグレーのTシャツ
ダメージデニムの
ショーパンを選び、演技。

 

オーディション後、
浜野監督は

 

「主人公は都会で
キレイな女性を見慣れている。
それが素朴な島の少女に
電撃的な刺激を受ける、
その瞬間を大事にしたい。」

 

と、熱弁。
そして木村の素質を

 

「彼女の目は
ちょっとつり上がった
猫の目なんです。

 

自然の感受性を持っている
女性はほかにもいたが



 

身体能力や身体の線が
野生の線なんですよ。」

 

 

と絶賛し、
期待を寄せていた。

 

演技経験もなく応募したので
いい経験になるかなと思っていた。」

 

というように木村は
昨夏から
芸能事務所に所属してはいるが
演技経験はほぼゼロ

 

もともとモデル志望で
演技経験もない中で
女優への一歩を踏み出した。

 

「見てくださる方が
自然と感情を共有できるような
女優になりたいです。
憧れは満島ひかりさんです。」
と話し、

 

GACKTの印象については
「キレイです。」と語り、
自分の真っすぐなところを
ぶつけていきたい、
と意気込みを口にした。

 

GACKTが
映画の主演を務めるのは
2003年の『MOON CHILD』以来、
14年ぶりのこと。

 

 

故郷、沖縄の大自然を舞台にした
この作品で、
仕事にも女性にも自信家で、
類い稀な美しい身体と美貌を持つ
写真家を演じる。

 

世界を舞台に活躍する
写真家の大山光(GACKT)は、

 

沖縄八重山諸島地域のプレビュー
自然を背景に、
美しい姿態の美少女
石垣真海の写真集を撮影していた。

 

 

西表島
美しい滝の下での撮影中
突然、滝の上から
強い太陽光線が大山を突き刺し
目の前が真っ白になり
気がつくと
真海が忽然と消えてしまう。

 

それから4年
大山は理由がわからないまま
八重山の奥深くで
消えた少女を探し続ける。

 

そして
沖縄の圧倒的な自然や
芸術に触れていくと同時に
今まで誰も描くことのできなかった
沖縄の美しい光景も
写真に収めていく。

 

大山は想念の中で成長する
女への強い愛に気づきはじめる。
なぜ、少女は
忽然と姿を消したのだろう。

 

夢だったのか、
それとも川の神様
“カーラヌカン”だったのか…。

 



 

GACKTは

「浜野監督の作品に対する
こだわりや世界観に共感しました。

 

一人の沖縄人として沖縄、
八重山の大自然をこの映画を通して
皆さまにお見せします。

 

そして、一人の表現者として
最高の作品を皆様に送ります。」

 

と、約束。
浜野監督は、

 

「美しく、知力、体力
すべてを持つ男が
大自然で初めてになる
死と再生を演じさせたい
唯一無二の俳優GACKT

 

美しい男と美しい女が
壮大な沖縄の自然と
深い芸術文化の営みの中で
愛の美しさを歌い上げます。」

 

と話す。

 

沖縄の大自然とGACKT、
そして演技未経験、
未知数の18歳、木村涼香が
どんな化学反応を起こすのか、

 

そして浜野監督は
どんなラストにするのか、
楽しみな映画である。

-ミュージシャン・歌手【男性】
-, ,

Copyright© 芸能ニュース│まいトレンドスクープ , 2019 All Rights Reserved.