芸能情報 藤井聡太

藤井聡太四段│最年少棋士、ついに公式戦新記録となる29連勝達成!

更新日:

藤井聡太四段│どこまで続く連勝記録…?まるでAIのような指し手。

 

 

こんにちは、、、
管理人Pです。

 

 

14歳2ヶ月で
最年少棋士となった
藤井聡太四段14歳が、
昨日6月26日、
東京都渋谷区にある
将棋会館で行われた
竜王戦決勝トーナメント

 

 

死闘の末、91手
増田康宏四段・19歳を破り、
公式戦の新記録となる
前人未到の29連勝を達成した。

 

 

この藤井聡太四段の
成長を支えたのが、
母・裕子さん

 

 

この29連勝の快挙に、

 

 

「このような記録を
達成することができ、
本当に素晴らしいと思います。
一局一局を大切に、
これからも“強くなる”という
目標に向かって
進んでいってほしいです。」

 

 

と、コメント。
母・裕子さんは
勝敗を気に掛けながらも、

 

 

落ち着いて
目の前の対局に取り組めるよう、
普段は勝ち負けの話はせず、
集中している時は邪魔しない
とのスタンスを
貫いてきたという。。。

 

 

子供の才能を伸ばすために、
どう関わるべきなのかは、
世の親たちにとって
永遠のテーマで、

 

 

母・裕子さんの
“前に出過ぎない姿”
注目するのは、
評論家・沢俊介氏

 

 

「息子のあるがままを
肯定的に
捉えてきたように感じる。
そのことが、
藤井さんの安定感を培い、
対局での粘り強さに
つながっているのでは…。」

 

 

と、分析。

 

 

「過去40年で
天才を3人挙げるなら、
谷川、羽生、藤井。」



 

 

と断言するのは、
小学校低学年から
藤井聡太四段を見守ってきたという
将棋ライターの鈴木宏彦氏

 

 

将棋の場合、
才能が遺伝するケースは
少ない。

 

 

と言い、

 

 

「谷川、羽生、藤井に
共通するのは、
親が将棋をしなかったこと。
将棋ができる親が
子供に練習を強制し、
やる気を失わせる例も多い。
3人とも
出過ぎない親だったのが
よかった。」

 

 

と話す。

 

 

最近10代の躍進は、
スポーツ界でも
めざましい。

 

 

卓球女子では、
高校2年の
伊藤美誠選手と平野美宇選手、

 

 

男子では、
中学2年の張本智和選手らが
一大勢力を築く。

 

 

いずれも
2、3歳でラケットを握った
という。

 

 

競技開始時期の低年齢化は
元祖天才少女・福原愛選手
影響が大きいという。

 

 

そして、
“出過ぎない”という、
親のスタンスが、
天才を生み出す要因のひとつ
なっているようだ。

 

 

最近の若い棋士にも
見られる傾向だというが、

 

 

藤井聡太四段の将棋は、
人口知能AIに似ている、
と分析する専門家もいる。

 

 

ここから、
どこまで
連勝記録をのばすのか…?

 

 

本当に楽しみな
藤井聡太四段の快進撃だが、
彼の選ぶ“勝負飯”にも、
注目が集まっている。

 

 

次回、
7月2日
待ち遠しい。

-芸能情報, 藤井聡太
-, ,

Copyright© 芸能ニュース│まいトレンドスクープ , 2019 All Rights Reserved.