お笑い

ピコ太郎│“PPAP”商標出願騒動に困惑もDa-iCEとPPAP

更新日:

ピコ太郎│いろいろなことといろいろなことを『Ah~』してPPAP

 

 

こんにちは、、、
管理人Pです。

 

 

いま“PPAP”で大人気の
ピコ太郎が1月25日、
東京都内で行われた
Da-iCE(ダイス)のアルバム
『NEXT PHASE』
発売記念イベントに
サプライズゲストとして
登場した。

 

 

寒空の下、
Da-iCEの5人とピコ太郎
世界一カッコイイ
“PPAP”を披露した。

 

 

ピコ太郎の“PPAP”は、
昨年9月末に
ジャスティン・ビーバー
投稿をキッカケに、
世界中に飛び火。、

 

 

そして瞬く間に、
大人から子供まで
その影響をうけ
さまざまな場面で
見られるほどに成長し、
いまだに進化している。

 

 

そんな
ピコ太郎の“PPAP”を
Da-iCEは、
このブレイク前から
ものまねをしていたという。

 

 

ピコ太郎は、

 

 

芸能界の中で一番最初、、
恩義に感じる。」



 

 

とDa-iCEに
感謝していた。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

しかしいま、
ピコ太郎の“PPAP”を巡って、
大阪府内にある
無関係の企業
商標出願したことが明らかになり、
問題になっている。

 

 

これにピコ太郎は、

 

 

「よく分からないけど、
世の中はいろいろある。
いろいろなことと
いろいろなことを『Ah~!』して
“PPAP”でいい
と思います。」

 

 

と、“PPAP”を使って
コメント。

 

 

それにしても
全く関係ない人が
特許を出願するのは
普通におかしい…。

 

 

もし法律上、
問題ないと言っても
やっぱりおかしい…。

 

 

そんなことをしてまで
お金がほしいのか、、?
特許は何のために
あるのか、、?

 

 

“PPAP”に限らず、
この機会に今一度
特許の意義を考え、
本来あるべき位置に
見直す時期が
来ているのではないだろうか…?

 

 

特許庁の判断が待たれる。

-お笑い
-, , ,

Copyright© 芸能ニュース│まいトレンドスクープ , 2019 All Rights Reserved.