宮川大輔 星田英利 松本人志

宮川大輔│元相方として語った“ほっしゃん引退騒動”の真相とは…?

更新日:

宮川大輔│『人志松本のすべらない話』で星田をネタにすべらない話。

 

 

こんにちは、、、
管理人Pです。

 

 

1月7日、
昨夜放送の
フジテレビの
『人志松本のすべらない話』で、

 

 

元相方・宮川大輔が、
漫才コンビ・
チュパチャップス時代の相方で
昨年、謎の引退騒動を繰り広げた
“ほっしゃん”こと星田英利
をネタにすべらない話を
披露した。

 

 

宮川大輔は、
“ほっしゃん引退騒動の真相”
テーマに淡々と
話し始める。。

 

 

昨年12月に、
インスタグラムで
前突、芸能界引退
ほのめかしながら、
その夜に即、
撤回したほっしゃんについて、、

 

 

「みんなどうしたん?
と思ってますけど…、
もともと
そんな人間なんです。。」

 

 

と、言い
過去のエピソードを
話した。

 

 

若手グループ
“吉本印天然素材”時代に、
ダンスをするというときに
急に来なくなって
連絡すると…、

 

 

「友達が死にかけてたから、
僕がずっと説得しててん…。」

 

 

などと、
誰でも分かるような
うそをついたという…。

 

 

「分かりやすいうそ
つきよんねん。」

 

 

と、暴露…。

 

 

また、若手時代
ゴミ屋敷のような部屋に
住んでいた時、

 

 

そこに亀のミイラが
2個落ちていて、
ロケで訪れた西川のりお
逃げ出したことなども
あったという。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ということで
あの“引退騒動の真相”
としては、



 

 

「あれは、
急に始まったわけではない。」

 

 

と、ほっしゃんには
こういうことはよくあること、、
と結論づけ、
すべらない話として
ネタにしていた…。

 

 

ところで、
人気漫談家・綾小路きみまろ
昨夜の
『人志松本のすべらない話』に
初参戦していた。

 

 

きみまろは、
「これをつけるきっかけは」と、
自身のカツラについて

 

 

「毛が薄くなったから、
かぶる決意をしたんですよ。」

 

 

と言い、
最初はお金がなかったため、
安いカツラだったが、
はげてる時より
逆に、
ジロジロ見られたという…。

 

 

「お金をかければ
いいカツラがかぶれる。」

 

 

と、カツラをかぶっていた
ある先輩から、
カツラのメーカーを紹介された
という話をする。

 

 

あまりにも
熱心に紹介されるので
注文しに行くと、、

 

 

1人紹介すると、
自分のカツラが1つサービス
してくれるという
システムが分かった。

 

 

その先輩の葬式で、
遺影はカツラをかぶってなく
棺の遺体は、
カツラをかぶっていたと言い、

 

 

もし自分が亡くなったら、
遺影と遺体は
同じにしてほしい
家族にお願いしてある
と明かし
その日のメンバーたちを笑わせ、
『すべらない話』となった。

 

 

 

今回の『すべらない話』は、
初出演が4人という
いつもと違った空気の中、
新たな『すべらない話』が
飛び出した。

-宮川大輔, 星田英利, 松本人志
-, ,

Copyright© 芸能ニュース│まいトレンドスクープ , 2020 All Rights Reserved.