長渕剛

長渕剛│叫ぶ!『2016 FNS歌謡祭 第一夜』でマスコミ批判?

更新日:

長渕剛│イントロに魂込めたスペシャルバージョンの“乾杯”を披露♪

 

 

こんにちは、、
管理人Pです。

 

 

昨夜12月7日、
シンガーソングライター・長渕剛
フジテレビで生放送された
『2016 FNS歌謡祭 第一夜』
初出場、生出演
総勢67組のトリという場面で…、

 

 

なんと、、
イントロ部分
マスコミや政治、時代への批判(?)
を込めたドキドキの
スペシャルバージョンの
自身の楽曲“乾杯”を披露した。

 

 

なかなか
“乾杯”を歌わない長渕…。

 

 

その間、
誰もが
違和感を覚えたコトだろう。。

 

 

本来の歌い出しの
「♪ かたい絆に… 」
まで、3分50秒…。

 

 

いきなり、

 

 

「アメリカの大統領が誰になろうとも…」

 

 

という言葉で始まり、

 

 

「今日もマスメディアが
正義の面(ツラ)して話している…」

 

 

「歌の安売りするのやめてくれ、、
日本から歌が消えていく…」

 

 

ブルース調の魂の叫び、、?
のようなものが続く…
ギター1本の弾き語り。。

 

 

もうこうなっては
誰にも止められない…。

 

 

「俺達の東北、仙台、俺達の九州、熊本、
そして福島…
オリンピックもいいんだけどよぉ、、
若者の貧困どうする…
地域の過疎化どうする…
騙されねえぜマスコミ… 」



 

 

と、イントロで歌い上げ
東京五輪の話題ばかりが取り上げられ、
貧困や地方の過疎化など、
生活の問題が野放しになっていることを
大いに皮肉った。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

更に更に、、

 

 

3分50秒の
メッセージ部分が終わり、
ブルース調にアレンジした
“乾杯”が始まった。

 

 

そして最後は、

 

 

「はあっ、はあっ!」

 

 

と叫び、
ギターをかきならし、

 

 

「ウオ~ッ…!!、…ウオ~ッ…!!」

 

 

と、雄叫びを上げた。

 

 

会場で“魂の叫び”(?)を聴いた
小倉智昭キャスターは、

 

 

「長渕さんの言葉、、
身にしみました…。」

 

 

と、しみじみ話した。

 

 

久々のガクトとTM西川
“12月のラブソング”
コラボの後ということもあり、
長渕のこの自由なパフォーマンスは
かなりのインパクトを
与えたことだけは否めない。

 

 

“乾杯”は本来
結婚式の定番的な
イメージの楽曲だったが、

 

 

長渕のこの日の
一連の生パフォーマンスで
一転した。

 

 

これは
たぶん、、もちろん、
リハ通りでは
なかったのだろう。。

 

 

この前代未聞の
長渕らしい
“2016 FNS歌謡祭版乾杯”の
パフォーマンスには
本当に驚かされた…。

 

 

『2016 FNS歌謡祭 第一夜』は
初主演組の夢のコラボや
魂の復活などが多々見られ、
見るものを魅了したが、
長渕によって
異例の、、いや、
波乱の幕開けとなった…。

 

 

来週放送の
第二夜も、
見逃せないっ!

-長渕剛
-, ,

Copyright© 芸能ニュース│まいトレンドスクープ , 2020 All Rights Reserved.