オバマ大統領 安倍晋三

安倍首相│オバマ大統領とこの時期の真珠湾訪問で日米関係を内外に強調

更新日:

安倍首相│オバマ大統領の広島訪問より先?現職首相初の真珠湾訪問!

 

 

こんにちは
管理人Pです。

 

 

安倍首相は
12月26・27日
ハワイの真珠湾を訪問し、
オバマ大統領とともに
戦没者の慰霊を行うことを
発表した。

 

 

2016年は、
旧日本軍による真珠湾攻撃から
75年という節目にあたる。

 

 

現職の首相が
真珠湾を訪れるのは
これが初めてのこと。

 

 

安倍首相は
その意義について、

 

 

「二度と戦争の惨禍を
繰り返してはならない、
その未来に向けた決意を
示したい。」

 

 

と、力強く述べている。

 

 

 

アメリカのホワイトハウスも
今回の真珠湾訪問について

 

 

「かつての敵国同士が
最も親密な同盟国となり
結束しているという
和解の力を示す場となるだろう。」

 

 

との声明を出した。

 

 

オバマ大統領が、
2016年5月にアメリカの大統領として
初めて広島を訪問し
被爆者への慰霊を行ったこともあり、

 

 

安倍首相の真珠湾の訪問は
これまでも
度々取り沙汰されていた。

 

 

真珠湾訪問を発表した
今回のインタビューの中でも
安倍首相は

 

 

「先のオバマ大統領の
広島訪問に際して、
核なき世界に向けた
大統領のメッセージは
今も多くの日本人の胸に
刻まれています。」

 

 

と強調している。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

オバマ大統領の
広島訪問が決まった5月には、
フジテレビ・ワシントン支局の
松山支局長が
次のようなリポートをしている。

 

 

「ホワイトハウスの報道官は、
歴史的訪問の意義を強調しつつも
訪問を『謝罪と解釈するならそれは誤りだ
釘を指すのも忘れませんでした。



あるアメリカ政府関係者も、
『本来は安倍総理の真珠湾訪問と
ワンセットで実現すべきものだ。』
と語っていて、
実際に日本政府に打診していることを
明らかにしています。」

(2016年5月11日『FNNスピーク』)

 

 

しかし、
安倍首相は
真珠湾訪問を決めた時期について
次のように説明している。

 

 

「昨年、戦後70年を迎え、
米国議会において演説を行い、
私の70年を迎えての思い、
考えについて発信をした
ところであります。

その中において、
真珠湾を訪問することの意義、
象徴性、和解の重要性について
発信したいということについては、
ずっと考えてきました。」

 

 

安倍首相が
米国議会演説を行なったのは
2015年4月で
オバマ大統領の
広島訪問の決定よりも
だという。

 

 

確かに、
2015年4月にアメリカを訪れて
議会演説を行なった安倍首相は、
日程の中で、
第2次世界大戦で戦死した
米兵を追悼する記念碑で
黙とうをしている。

 

 

その際は、
「パールハーバー」と刻まれた
モニュメントの前でしばらく身じろぎもせず、
たたずんでいた。

 

 

米国議会での演説では
その記念碑訪問についても触れ、

 

 

「歴史とは
実に取り返しのつかない
苛烈なものだ。
深い悔悟を胸に、
黙とうを捧げた。」

 

 

と述べていた。

 

 

今回、安倍首相は
オバマ大統領とともに真珠湾を訪れ、
戦没者の慰霊を行うが

 

 

真珠湾に
日米の首相と大統領が立つ
ということは、歴史的に
大きな意義を持つだけに

 

 

日米それぞれに
どのようなコメントを出すのか
注目が集まっている。

-オバマ大統領, 安倍晋三
-, ,

Copyright© 芸能ニュース│まいトレンドスクープ , 2020 All Rights Reserved.