お笑い

ヒロシ│『ネガティブに生きる。ヒロシの自虐的幸福論』発売記念…。

更新日:

ヒロシ│グチをマネタイズしていきたい…。とネガティブビジネス全開

 

 

こんにちは、、
管理人Pです。

 

 

12月1日、
ピン芸人のヒロシ
東京都内で自著
『ネガティブに生きる。
 ヒロシの自虐的幸福論』
発売記念イベントを行った…。

 

 

漫画家でタレントの
蛭子能収との対談も収録されたという
『ネガティブに生きる。
 ヒロシの自虐的幸福論』には、

 

 

ニュートラル
ネガティブな状態で書いた…。」

 

 

というヒロシの
“ネガティブ哲学”
満載だという。

 

 

この日の発売記念イベントで
ヒロシは、

 

 

「バンドだって
ベースやドラムがいるから、
ボーカルやギターが輝ける…。

この本はネガティブな人に
読んでほしいし、
ポジティブな人も、
こういう人がいるから
(自分たちが)存在できるんだと
気付いてほしい…。

 

 

と、訴えた…。

 

 

そして、さらに

 

 

「小中学生のころに人気があったのは、
明るくて面白くない人…。

これは変だなと思っていて、
なんとかそれを
ひっくり返したかった…。

 

 

と、人気者への反骨心を抱いて
育っただけあって、
この日もボヤキは止まらない、
ネガティブ絶好調のヒロシ…。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

“一発屋”などと言われるけど、、
お前よりは面白いぞと…。



だいたいの人は
僕より面白くないのに、、
だいたいの人は僕より面白い
と思っている、、
そこがいけ好かないです…。」

 

 

と言い、

 

 

「自分のファンを
“生き残り”
呼んでいるんですが、、、

『私の書いたネタをやってください』
と意見されたり、、

差し入れで米や塩、みそ
送ってきてくれたりするんです…。」

 

 

そして、こうも言う…。

 

 

「今年は僕としては
多くテレビに出していただいたけど、、
そうなると何もしないで
間に入ってお金だけ抜く人も出てくる。
そこはイライラしますね…。」

 

 

と、この日は
終始、冗舌なヒロシだった…。

 

 

「来年は、
『ネガティブ=僕』というのを
もっと押し出したい…。
グチをよりマネタイズ(収益化)
していきたいですね…。」

 

 

と、“ネガティブビジネス”への
展望を、ヒロシらしく
ポジティブに語っていた…。

 

 

栗原類など、
ネガティブタレントは
他にもいる。

 

 

“ネガティブビジネス”の中では
ダントツ?のヒロシだが、
この本の発売を機に、
さらなるネガティブを
展開していく…。

 

 

一度は
消えたかに思われていた
ヒロシ…。

 

 

でもまだヒロシは
ちゃんとここにいる…。

 

 

“一発屋”では終わらない
ヒロシの本気が、
来年は見られる
かも知れない…。

 

 

ネガティブなヒロシに
期待大。。

-お笑い
-, ,

Copyright© 芸能ニュース│まいトレンドスクープ , 2019 All Rights Reserved.