俳優・タレント【男性】

桐谷健太│『♪海の声が…』の浦ちゃんついに“紅白”初出場内定!!

更新日:

桐谷健太│おおみそかに“紅白”で浦ちゃんの『海の声』が聞ける…♪

 

こんにちは、、
管理人Pです。

 

 

俳優で歌手の桐谷健太が、
大晦日の
『第67回NHK紅白歌合戦』への
初出場内定したことが判明した。

 

 

“浦島太郎”に扮して歌う
「au三太郎シリーズ」のCM曲
『海の声』で、

 

 

上半期音楽シーンの
注目を集めた桐谷健太が、
夢舞台への切符を手にした。

 

 

BEGIN作曲の『海の声』は、
昨年12月に配信が始まり、
音楽配信数で
80万ダウンロード超を記録。

 

 

「mora」「レコチョク」
などをはじめとする
各音楽配信サービスの
上半期DLランキングで、
堂々の1位を獲得した。

 

 

CM放送開始から大反響を呼び、
YouTubeでは、
6200万回以上再生されている。。

 

 

NHKの関係者によると、
抜群の配信セールスの実績に加え、

 

 

“空の声が 聞きたくて
風の声に 耳すませ”

 

 

という分かりやすい歌詞と、
どこか親しみやすいメロディーで
飾らず歌うあの声が、
老若男女の認知度が高いことも
評価されたようだ。

 

 

桐谷健太が作詞も手掛けたという
9月発売の注目の新曲
『海の声』を収録した初アルバム
「香音―KANON―」も好調。

 

 

今年最大の
楽曲ヒットとなっている
CMで話題の人気曲
『海の声』が初CD化

 

 

2013年の民放ドラマ
初主演の役柄
"河野勇作(桐谷健太)×
THEイナズマ戦隊"名義で
リリースされた『喜びの歌』、
『君の旅路に桜が笑う』の2曲も
収録されている。



 

 

もちろん、、
桐谷健太自身、
初の作詞を手掛けた
注目の新曲も収録。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

「香るように音を届けたい」
という意志とクロスさせた
“香音”という漢字を充て、

 

 

読みのキャプションも
自身のイニシャル“K.K.”から
敢えて最初の“C”を“K”に変え
“KANON”という表記を選んだ。

 

 

自らの音楽表現に対して
真摯に望むスピリットを感じる
タイトルである。

 

 

また、6月に放送された
NHK連続ドラマ
『水族館ガール』では

 

 

松岡茉優ダブル主演し、
水族館の海獣課チーフを
好演するなど
役者としての貢献度も高く、

 

 

歌手としてのキャリアは浅いものの
桐谷のボーカリストとしての
評価は高い。

 

 

5月のJRA・日本ダービーでは、
13万9140人の入場者を前に
シャウトしながら
国歌独唱を行い話題を集めた。

 

 

NHK関係者は、

 

 

「彼の魂の歌声には、
何か引きつけるものがある。
当日も、全力の
パフォーマンスを期待したい。」

 

 

と、絶賛する。

 

 

2002年、ドラマ
『九龍で会いましょう』
俳優デビューして以来、

 

 

2008年、ドラマ
『ROOKIES』
その存在感を見せ、

 

 

ドラマ『龍馬伝』『天皇の料理番』
映画『パッチギ!』などの
話題作に次々出演。

 

 

現在も、
月9ドラマ『カインとアベル』
に出演するなど大活躍。

 

 

その桐谷健太こと浦ちゃん
どのような演出で、紅白に
出演するのか楽しみ

-俳優・タレント【男性】
-, ,

Copyright© 芸能ニュース│まいトレンドスクープ , 2020 All Rights Reserved.