ジャニーズ

中田ヤスタカ│『関ジャム完全燃SHOW』で楽曲制作の秘密を明かす

更新日:

中田ヤスタカ│曲は降りてこない。必要な分ひっぱってくるという感じ

 

こんにちは、、
管理人Pです。

 

 

10月23日に放送の
関ジャニ∞による
音楽バラエティ番組
『関ジャム完全燃SHOW』
ゲストに中田ヤスタカが出演。

 

 

Perfume
きゃりーぱみゅぱみゅ
自身のテクノユニット
CAPSULEなどの楽曲制作や
音楽プロデュースなど、
活躍の場を広げている。

 

 

最近では、
リオ五輪閉会式でのセレモニー
“トーキョーショー”
音楽制作を手がけたことでも
注目を集めた中田ヤスタカ。

 

 

そのほかにも
『LIAR GAME』
『ONE PIECE FILMZ』
などドラマや映画音楽を手掛けた。

 

 

さらに、
スタジオジブリとコラボや
公開中の映画『何者』では
米津玄師を迎えた主題歌とともに
劇中すべての音楽を担当している。

 

 

この日番組では、
その類稀なる才能と
中田が作り出す
楽曲の秘密に迫るべく
関ジャニ、古田新、小籔千豊による
トークというより、
質問攻め?がはじまる。

 

 

前回の放送で
人気音楽プロデューサーの
蔦谷好位置、ヒャダインの2人が、
“その才能に嫉妬する”
と語った中田ヤスタカの
個性的かつ独創的な
プロデュース作品の数々。

 

 

中田は
同じ物を多方面から見るという。

 

 

何か一つすごい好きな物を作り
それをいろんな角度から見る
という。

 

 

メロディーが変わっていなくても
コード進行で変えたりという
“繰り返すメロディーに
あえて変化をつける手法”

 

 

変わらないものと
変わるものの対比が
ドラマチックになったり、

 

 

Aメロからバックに
サビのメロディーを流して
リスナーに印象づける”
といったことや、

 

 

さらには
アドリブっぽく変えたくなる瞬間を
忠実に表現で残していくという
いわば感覚の話になっていく。

 

 

曲の中にちりばめた部品が、
最終的にだんだん集まってきて
集合していくみたいな曲を
作ることが多いといい、

 

 

それを中田は
「フレーズが成長していく」
と表現。

 

 

そんな隠されたテクニックが
中田ヤスタカ本人の実演と共に
解説されると、
関ジャニ∞のメンバーたちから
驚きの声が沸き起こった。

 

 

最初は、ピアノだけで
曲作りを始めたという中田は、
基本的に作曲ソフトは
すべて自己流で使っていため、
実は使い方をあまり分かっていない
ということも判明。

 

 

さらに、
スタッフとの事前打ち合わせで

 

 

「音楽は聴いていてもつまらない。」

 

 

と発言したという中田は、
その理由について

 

 

「特定のアーティストや曲に
憧れや影響を受ける以前から
作曲をはじめていたので、
圧倒的な憧れの人はいなく



気になったアーティストの
ライブに行っても
2、3曲聴くと
すぐに帰って作曲したくなる。」

 

 

と、生まれもっての
クリエイター気質を
感じさせる発言も飛び出した。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

中田は、音楽プロデューサー
と言われることが多いが、
自身は
クラブミュージックを生み出す
アーティストでありDJだという。

 

 

ちなみに、
子供の頃ピアノ教室で使っていた
ピアノのバイエルの音階にも
違和感を持ち、

 

 

「自分だったらこの音にするのに。」

 

 

などと思っていた
驚愕のエピソードも明かした。

 

 

音楽を感覚で作る
生まれながらの作曲家である。

 

 

また、
女子力が高いと評される
歌詞の世界観については、
まずその歌詞の
主人公を設定することで、
その人がいいそうなことを書き、
全然悩まず歌詞が作れるという。

 

 

ちなみに『つけまつける』は、
何気ない
きゃりーとのやりとりのなかで
このフレーズが気に入ったため、
そこから歌詞を広げていき、
曲を作ろうと思ったという。

 

 

ほかにも、
「歌は曲を聞いてもらうための手段」
ととらえていることや、
周囲の評価よりも
「自分だけの必殺技を作りたい。」
と思っているなどを明かした。

 

 

中田の場合、
多くの天才アーティストが口にする、
日常の中で「曲が降りてくる」
といったことはなく、
作ろうと思ったときに必要な分を
「引っ張ってくる」のだそう…。

 

 

作詞作曲自体は
1日に何曲も作れるが、
その後、楽曲を
ブラッシュアップしていく
作業について

 

 

「ゲームでずっと
レベルを上げてる感じ。」

 

 

と表現した。

 

 

そして、童謡『桃太郎さん』
「関ジャニ∞のメンバーの名前」の
音源をもとにアレンジ・
制作を依頼する
という無茶ぶりにも、

 

 

「鬼ヶ島が実はリゾート地だった」
という
奇想天外なコンセプトのもと、
遊び心満載の楽曲を完成させ
関ジャニ∞のメンバーを喜ばせた。

 

 

中田ヤスタカの
知られざる曲作りの秘密が
詰め込まれた
貴重な1時間だった。

 

 

普段はほとんど一人で
作業しているので、
喋り方を忘れるときもある
という中田。

 

 

「1年で一番しゃべったのでは?」

 

 

という質問に、

 

 

「まず、
こんなに明るい場所に
ずっといることが無かった。」

 

 

と、切り返し、
最後にメンバーを笑わせた。

 

 

中田は
歌詞には全く興味がなく
響きが良ければとか、
適当にとか、
言ってはいるが

 

 

それはたぶん
中田ヤスタカの標準装備のレベル
高いからに他ならない。

 

 

中田が歌詞を適当に作っている
というなら
本気で作ったらどうなるのか?

 

 

中田の中には
まだまだたくさんのヒモ
あるんだろう。。

 

 

いつか
中田ヤスタカの本気が
見てみたい、、

-ジャニーズ
-, ,

Copyright© 芸能ニュース│まいトレンドスクープ , 2019 All Rights Reserved.