ジャニーズ

イエモン│吉井和哉、再集結のいまを語る…「みんな元気なうちに。」

更新日:

イエモン│SMAPファン、イエモン再集結に未来のSMAPを重ね…

 

こんにちは
管理人Pです。

 

 

10月23日放送の『情熱大陸』
THE YELLOW MONKEY
ボーカル・吉井和哉
15年ぶりにバンドを再集結した
経緯について語った。

 

 

1992年、
THE YELLOW MONKEYは
グラムロック系の4人組
ロックバンドとしてデビューし、
唯一無二の存在感と
ライブ中心の活動で人気を博すも
2001年、絶頂期に活動休止を発表。

 

 

その後、
ボーカル・吉井和哉は
ソロ活動へと移行し、
バンドは2004年7月に
解散を発表した。

 

 

それから
15年という月日が流れた今年、
再集結を最初に強く望んだのは
以外にも
ボーカルの吉井和哉だった。

 

 

「同世代のミュージシャンが
どんどんバンドが再集結、
再結成ができないような状況
になってる中で

みんな元気なうちに
これはやるべきじゃないかな
というときに、

The Rolling Stones
70代の、あのステージを見たら、
『これは早くやらないといかん』
と思って…。」

 

 

人生は一度しかない。
ソロでは味わえない充実も
彼らとなら分かち合える。
そう思った吉井は、

 

 

「僕とバンドをやってください」

 

 

という短いメールを
メンバー全員に送った。

 

 

吉井からのこのメールに
バンド最年長の53歳、
ベースの廣瀬洋一

 

 

「よーし、もう一回
やろうじゃないかって。
“もう絶対これ菊地兄弟も、
エマもアニーもOKするよ”
って勝手にそんとき思って。」

 

 

と言い、
ドラムスの菊地英二

 

 

「うれしかったですね、うん。」

 

 

と言った。
ギターの菊地英昭
当時の心境についてこう話した。

 

 

「まぁだからもうホント、
言葉少なく『はい』って。」

 

 

全員一致だった。

 

 

イエモンのメンバー4人は
ほんとに仲がいい。

 

 

移動車で見せる
くだらないばか話をする時の表情は
まるで高校生のようなノリで
50代であることを忘れている。

 

 

一度解散したバンドが再結成すると
その全盛期には遠く及ばず
いつの間にか
消えてしまうことが多い中、

 

 

イエモンファンは
15年ぶりとは思えないほど
その再集結を心から喜び、
こんな日が来るなんて…
奇跡だと言って涙を流す。

 

 

商ビジネスに求められる
分かりやすさに逆行し、
歌いたいことを歌った彼らの曲は
瞬く間に大ヒットとなった。

 

 

♪…外国で飛行機が墜ちました
ニュースキャスターは嬉しそうに
「乗客に日本人はいませんでした」
「いませんでした」
「いませんでした」
「僕は何を思えばいいんだろう」…♪

 

 

この『JAM』など
一度聴いたら
中毒になってしまう
とんがった歌詞と妖艶なメロディーは
他にはない唯一無二の存在感を放つ。



 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

THE YELLOW MONKEY
再集結のコンサートツアー
最終日の最後に
ボーカル・吉井和哉は、

 

 

「もう二度と
解散することは
ありませんので…。」

 

 

とファンに告げた。

 

 

需要と供給が完全に一致した
幸せな幸せな瞬間だった。

 

 

そしてこの
THE YELLOW MONKEYの
『情熱大陸』に注目していたのは
彼らのファンだけでは
なかったようだ。

 

 

10月17日放送のフジテレビ
『SMAP×SMAP』
再集結後の
THE YELLOW MONKEYは
SMAPとコラボし、
熱いステージを展開した。

 

 

Twitterでは
SMAPのファンを中心に
今回の放送について

 

 

「情熱大陸見てます。
イエモンさん、
本当にスマスマ来てくれて
ありがとう。

一緒に気持ち込めまくって
歌ってくれてありがとう。

SMAPの出せない感情
表に出させてくれてありがとう。
また一緒に歌ってください。」

 

 

「SMAPファンは
今夜の情熱大陸も忘れずに見よう、

S-LIVEで超カッコいいコラボを
見せてくれた
THE YELLOW MONKEY の特集です。」

 

 

「今回の
THE YELLOW MONKEYと
年末での解散を発表した
SMAPを結びつけるツイートを
よく目にする。
確かにスマスマで『ALRIGHT』
を唄った意味を考えると
そうなるよね?」

 

 

といったツイートが
多く見られた。

 

 

15年の空白を経て、
吉井が書き下ろした
新曲『ALRIGHT』。

 

 

新生THE YELLOW MONKEYの
新たなる旅立ちを歌う
決意表明だ。

 

 

それを聞く側の胸にも
この歌詞は突き刺さる。

 

 

♪…何よりも
ここでこうして
ることが奇跡と思うんだ

命はいつか絶えるだろう
だけど最高の出会いが

月日は流れて
力を集めて
ひとつに集めて

あなたと別れて
激しく求めて

ひとつに生まれて
無数に別れて

夜空を見上げて
もう一度運命の

タイマーを回して
今夜 準備 ALRIGHT!…♪

 

 

再集結した
THE YELLOW MONKEYには
かつてのファンに、
新たなファンも加わった。

 

 

平均年齢50歳…。
体力は確実に落ちた。
しかし、心には
揺るぎない余裕がある。

 

 

音楽への思いは
いくら歳を重ねても
変わることはない。

 

 

「なるべく長い 時間
この人たちと
やれたらいいなと思います。」

 

 

イエモンが描く
いまの吉井はこう語る。

 

 

そのつきなみな言葉の奥には
15年の重みが詰まっている。

 

 

解散して
ある程度の時間が経過したとき、
SMAPのメンバーも
イエモンのような気持ちになる日が
来るのだろうか?

 

 

SMAPファンは
15年ぶりに再結成したイエモンに
未来のSMAPを
重ねているのかも知れない。

-ジャニーズ
-, , ,

Copyright© 芸能ニュース│まいトレンドスクープ , 2020 All Rights Reserved.