X JAPAN YOSHIKI

YOSHIKI│伝統と革新の融合『YOSHIKIMONO』で新作

更新日:

YOSHIKI│着物ショーで圧巻のずぶ濡れパフォーマンスを披露!

 

こんにちは、
管理人Pです。

 

 

人気ロックバンド
“X JAPAN”のリーダー・
YOSHIKIが手掛ける
着物ブランド『YOSHIKIMONO』
ファッションショーが
10月17日、
東京都内で行われた。

 

 

YOSHIKIのピアノ演奏に合わせて
モデルたちがランウエーに登場し、
演奏とコラボしたショーを展開する。

 

 

さらに、
ドラムセットが置かれた
ステージを移動したYOSHIKIは

 

 

“雨が降る”演出の中、
ずぶ濡れになりながら
ドラムをたたき、
この日のファッションショーを
盛り上げた。

 

 

この日のイベントは、
『Amazon Fashion
Week TOKYO 2017 春夏
YOSHIKIMONO
COLLECTION 2017』
と題され、
約1時間20分遅れでスタート。

 

 

『YOSHIKIMONO』の
新作コレクションが、
次々に発表された。

イベント後の会見に登場した
YOSHIKIは、

 

 

「あくまでも僕らは“BGM”
着物がメイン。

今日のピアノは即興演奏です。
その場で作曲しながら弾いていた。

ドラムもほぼ即興…。

あくまでも着物が主役なので、
それをいかに引き立てるか
という音楽にした。」

 

 

と、今回のショーを振り返った。

 

 

“ずぶ濡れ”の
パフォーマンスについては、

 

 

“水物”は嫌いじゃないので、
普段ステージの上は暑いので、
意外に気持ちよかった。

涼しくて。(でも、)
あんなにいっぱい降ってくる
とは思わなかった。」

 

 

と苦笑いで語っていた。

 

 

『YOSHIKIMONO』という
着物ブランドは、

 

 

「もともと呉服屋の息子で
ずっと着物を見てきた。」



 

 

というYOSHIKIが、
“伝統と革新の融合”をテーマに
立ち上げたもの。

 

 

「着物の業界は
今の時代縮小してきている。

どうやっていまの人たちに
着物に興味を持ってもらうか、、

僕の手法は
賛否両論あると思うけど、
興味を持ってもらうという意味では
いいんじゃないかな…。

きのうも(ショーを)やって
いろんな意見をいただいたけど、
海外の方からはすごく絶賛された。

やっていることは
間違っていないんだって
(思った)。」

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

と言い、更に

 

 

「ロサンゼルスに住んで
20年近くたつけど海外にいると、
日本の文化の大切さが
見えてくる。
着物の文化も
広めていければ…。」

 

 

と語った。
着物はなかなか
自分では着れないし、
洗えないことも多い。

 

 

など、さまざまな点で
扱いにくいもの、
ということもあってか
残念ながらなかなか
ブームになりにくい。

 

 

確かに着物は
日本の文化で
本当に素晴らしいもの。

 

 

洋服のように
誰にでも簡単に
着ることができれば
また違うのだろう。

 

 

洗えるきものもあるが、
伝統的なものは
専用のクリーニングが必要で、
維持費もかかる。

 

 

まだまだ高いものという
イメージが強い。

 

 

せいぜい七五三、
卒業式の袴、成人式の振袖、
結婚式や喪服くらいだ。

 

 

ただ、着慣れると
意外といいもの。

 

 

 

浴衣のように
簡単に扱えればいいのに…。

 

 

ところで最近、
さまざまな方面で
積極的に露出している
YOSHIKIではあるが、
“新アルバム”完成の報告は
まだのようだ…。

 

 

秋と言われる
“新アルバム”の早期発表が
待たれる。

-X JAPAN, YOSHIKI
-, ,

Copyright© 芸能ニュース│まいトレンドスクープ , 2020 All Rights Reserved.