ミュージシャン・歌手【男性】

【GACKT】高校の卒業式にサプライズ『野に咲く花のように』熱唱

更新日:

GACKT│毎年、卒業式サプライズライブを続ける理由

 

こんにちは、
管理人Pです。(*^^)v

 

去る3月5日土曜日、
千葉県千葉市にある
千葉経済大学附属高等学校の卒業式
サプライズゲスト登場。。

 

しんみりしていた会場は一転、
歓声や驚きの声に包まれる。

 

この卒業式にサプライズ
登場したのは"GACKT"

 

(いいなー!) (*^^)

 

GACKTは3月8日放送の
“白熱ライブビビット”で

 

10年続けている
高校の卒業式での
サプライズライブへの
思いを語った。

 

番組では、
千葉県内の高校で行われた卒業式で
GACKTがサプライズライブ
を行った様子を放送。

 

密着した特番
『GACKT卒業式サプライズLIVE
in [千葉経済大学附属高等学校]
密着完全版放送』が

 

3月12日
ニコ動生放送にて配信された。

 

番組ではGACKTに
ニコニコのカメラが完全密着、

 

前日のリハーサルから
当日の移動する車内、

 

ライブの模様に加え、
本人へのインタビューも敢行。

 

このサプライズの実現にあたっては
千葉経済大学附属高等学校の
父母の会会長が

 

娘や同級生たちに
思い出を残してやりたい、
手紙を書いたことから
始まったという。

 

そもそも
GACKTが高校の卒業式で
サプライズライブを行う
きっかけとなったのは

 

自身が出演しているラジオ番組
男子高校生から送られた
1通の手紙だった。

 

「定員割れの危機にある
自分の学校を救って欲しい…」

 

GACKTは
その男子高校生が
自らの活動で

 

入学希望者を増やせたら
卒業式で歌うことを約束

 

この男子高校生の努力により
見事、定員割れを回避。

 

2006年、約束通りGACKTは
サプライズライブを行ったという。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

サプライズライブを行う意義
については“ぼくのエゴ”
と言って笑うが、
これもGACKTらしい言い方。



 

「ステージに立つ人間は
少なからず影響力を持っていて、

 

でも、残念ながらその影響力は
一生は続かない。

 

少なくとも
影響力まだあるうちに、
こういうことやらなきゃ
いけないんじゃないかなと…。

 

それからずっと続けている」
と説明。

 

ライブ費用は全部自腹
行っているという。

 

ライブでは毎年歌う
「野に咲く花のように」を熱唱。

 

そして最後に、、

 

夢はみるものではなく
叶えるもの。叶えるには
大きな強い意志を貫くこと。
しっかり頑張れよ!」

 

といつものように背中を押し
卒業生へエールを送った。

 

中には
涙を流す生徒もいたという。。

 

GACKTの思いはちゃんと
この高校生たちにも
届いている。

 

この卒業サプライズライブは
単なるいちミュージシャンの
ライブではない。

 

少なくとも、
この高校生たちに
大きな“何か”を残した。

 

GACKTはいつも何かと戦っている。
それは大小関係ない。

 

自分を信じて前に進むというのは
GACKTの標準装備。

 

何かに阻まれても
GACKTはそれを越えて
ここまできた。

 

世間では見た目だけで
イケメンミュージシャンと
扱われることも多い。

 

でも、GACKTは
決して平坦な道
歩いてきた訳ではない…。

 

それは自身の著者
“自白”を読めばある程度
分かって貰えると思う。

 

というか、実はその真逆で
わざわざ困難な方を選ぶ人間だ。

 

だからこそ言える嘘のない
短い言葉の中にも、

 

人の心に響く“何か”
持っているのかも知れない。

 

来年またこの何かを
受け取ることができる
幸せな高校生たちは
まだ誰にも分からない。

 

しかし、
GACKTがGACKTであるうちは、
確実にこの日本のどこかの高校に

 

このサプライズを届け続ける
ということだけは断言できる。

-ミュージシャン・歌手【男性】
-, , , , ,

Copyright© 芸能ニュース│まいトレンドスクープ , 2019 All Rights Reserved.