ジャニーズ

YOSHIKI│SMAP解散を自身に重ねいつか再結成の日を望む…

更新日:

YOSHIKI│さまざまな苦難を経験“一度離れたから見えたもの”

 

こんにちは、
管理人Pです。

 

8月25日、
X JAPANYOSHIKI
都内で行われた
『楽天モバイル新CM』
発表会に出席。

 

 

CMの撮影秘話や、
CMソングについての
想いを語った。

 

YOSHIKIは
8月26日から放映開始される
楽天モバイルの新CMで、
ドラムを披露。

 

自身がステージで
実際使用しているドラムセットで
撮影に臨んだといい、

 

「ビックリしました、
撮影現場に行ったら
僕のドラムセットとライザー
(東京ドームなどで
ドラムセットごとステージに
上げる機材)がありまして
驚きました。」

 

 

と撮影時のことを明かした。
また、ドラム演奏の時は

 

「あのドラムって
ウォームアップしていって
ピークに行くまで
時間が掛かるんですね。

で、2、30分くらい叩いて
いい感じになったところで
撮影お願いします、
と言いました。」

 

自らキューを出し、
撮影したというこだわりよう

 

 

そして、このCMのために
書き下ろした楽曲については

 

「たまたま、
X JAPANのアルバムのために
作っている曲と
時期が一致したんで。
そういう創作の中で
生み出された曲です。」

 

と創作意欲に溢れている様子…。

 

さらにこの日は
YOSHIKIも使っているという
楽天モバイルを実際に使用し、

 

楽天代表取締役会長兼社長・
三木谷浩史氏と通話する
という場面も見られた。

 

 

YOSHIKIは、
この楽天モバイルについて

 

「音もクリアーで、
クオリティが高い。」

 

と高く評価した。

 

今回のCMを記念して、
一定条件を満たした顧客の特典となる
YOSHIKIのスペシャルフォトブック
(非売品)の一部も公開された。

 

 

写真家レスリー・キー氏
撮影したという今回の撮影について

 

「2日に渡って、
お昼から夜中の3時とかまで
撮影していました。」

 

と長時間に渡り、
丁寧に作り上げられた
ことなどを話した。

 

そして会見後にYOSHIKIは
囲み取材にも応じた。

 

2月に大腸憩室炎および
門脈血栓症のため入院し、
8月10日自身のフェイスブックで
退院を報告したメンバー
PATAについて、

 

 

「PATAとは
電話で話したくらいだけど、
前より元気になってた
みたいでした。」

 

と語り、PATAの体調が退院後も
順調であることを示唆。

 

X JAPANは、
1997年に解散を発表、
2007年に再結成。



 

2010年から11年にかけて
ワールドツアーを成功させるなど
世界的にも
目覚ましい活躍を続けているが、
その間、オリジナルメンバー
2人の急逝や、今年のPATAの入院で
活動休止を余儀なくされるなど、
苦難が相次いだ。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

リーダーとしてさまざまな
苦難を経験してきたYOSHIKIは、
先日、年内をもって
解散を発表したSMAPについて

 

「アメリカにいた僕の元にも
そのニュースは飛び込んできました。
あれだけ素晴らしいグループなんで
とても残念です。

メンバーって
色々意見もあるだろうし、
中の人しか分からないことも
あると思います。

僕も(X JAPANの)リーダーとして
色々やってきましたけど、
表立って言えないこともあります。

ただ、皆さん生きてますから。
僕らは再結成する時、
亡くなったメンバーの
壁がありましたので…。

ファンの人たちも
待っているでしょうし、
今後もし何年後でも、
いつか再結成してくれれば
皆さん喜ぶでしょうし、
僕もそれは望んでます。」

 

と彼らが生きている限り、
いつの日かSMAPとして
再び活動してくれることを
希望している、と語った。

 

さらに過去のX JAPANの
再結成については、

 

「僕らに関しては、
色んなことがあったことによって
有り難みが分かったというか、
自分たちの目的が
一度離れたから見えた、
というのはありました。」

 

と解散した後に改めて
バンドの存在意義を知ったこと
を明かしていた。

 

いろいろな問題を乗り越えてきた
X JAPANのリーダー・
YOSHIKIだからこそ
今回のSMAP解散について
自身のバンドと重ね、
思うところがあるのだろう。。

 

このYOSHIKIの言葉は
何年か後、本当に現実となり
SMAP再結成という日が
くるかも知れない…、
そう思わせてくれるような
温かい言葉に思えた。

 

出演したCMのコンセプトである
『Endless Challenge』
に関し、自身の挑戦について
尋ねられると、

 

「少しでも
レコーディング進めるとか、
ピアノ3~4時間やるとか、
体鍛えるとか日々、
地道に挑戦しています。」

 

と答えた。
さらにYOSHIKIは、

 

「勝つまでやるというのは、
言うのは簡単ですけど、
実践するのは
本当に大変だと思います。
リオオリンピック
アメリカで観ていましたけど、
あれだけの数のメダルを獲って
日本人として誇りに思いました。」

 

と、リオ五輪で
過去最高の41個ものメダルを
獲得した日本選手団を称えた。

 

この日は
『楽天モバイル新CM』の
発表会なのだが、
一番印象に残ったのは、

 

“生きている限り、
いつの日かSMAPとして
再び活動してくれることを
希望している”

 

というYOSHIKIの言葉だった。

-ジャニーズ
-, , , ,

Copyright© 芸能ニュース│まいトレンドスクープ , 2020 All Rights Reserved.