尾上松也 春風亭昇太 柴咲コウ 浅丘ルリ子 芸能情報 菅田将暉 菜々緒 阿部サダヲ

菅田将暉│NHK大河『おんな城主直虎』でキレッキレの井伊直政を!

更新日:

菅田将暉│“大河ドラマ”に出演するのが俳優として大きな目標だった

 

こんにちは、
管理人Pです。

 

柴咲コウが主演する
来年のNHK大河ドラマ
『おんな城主 直虎』
新たな出演者が、
7月12日(火)都内で発表された。

 

このドラマは、
戦国時代、遠江(現・静岡県西部)の
井伊家は、戦のたびに当主を殺され、

 

たった一人残された姫が
“直虎”という勇ましい男の名
家督を継ぎ、

 

自ら運命を切り開き、
戦国を生き抜いた“おんな城主”
激動の生涯を描く…。

 

主人公・井伊直虎の
後見人となって育てる
井伊直政役の菅田将暉や、
徳川家康の正室・瀬名役の菜々緒
それぞれ大河ドラマ初出演となる。

 

井伊家の嫡男で、
後に“徳川四天王”の一人に
数えられる直政を演じる菅田は、

 

一つの大きな目標だったという
大河ドラマ初出演について、

 

「すごくうれしいです。
浮足立っています。」

 

とその喜びを語り、

 

「あまりこういう背筋が
ピンとなる姿勢で
お芝居をすることがないので
楽しみたい。」

 

と意気込みを語る。
今あちこちで
引っ張りだこの菅田は、

 

大河ドラマに出演することが
俳優としての大きな目標だったので、
すごくうれしい。」

 

と、喜びのコメント。

 

「直政が身に着けていた
真っ赤な甲冑が
すごくかっこいいので、
あれを着たい。
キレッキレの直政を演じたい。」

 

と、菅田らしい抱負を語った。

 

一方、今までの人生の中で
一番緊張していると話す菜々緒は、

 

「(演じる瀬名は)小さい頃から
玉のこしを狙う野心家。
“そういう役”はかなり得意な方。」

 

と自信をのぞかせつつ、

 

「これから所作や踊りの稽古を
やっていかなければ。」

 

と、初めての大河ドラマに
気を引き締めていた様子。

 

菜々緒の悪女的な役柄は、
まさに“はまり役”
期待も高まる。

 

そして徳川家康役は、
阿部サダヲが演じる。

 

現在46歳という阿部サダヲは、
13歳からの徳川家康を演じる
ということで、



 

「皆さんが知っている家康より
若めの、あまり知られていない
ところもやるので、
新しい徳川家康を見せていきたい。」

 

と話し、

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

「実年齢が46歳で、
13歳からを演じるんです。
それを楽しみにしております。

趣味としては囲碁がすごく得意で、
一人で二人分をやる
お芝居もあるので、今、
一生懸命アプリで
囲碁をやっています。」

 

と、笑わせていた。
この日が初対面だったという
家康の正室・瀬名役の菜々緒について、
菜々緒とは夫婦役となるが

 

「この身長差を楽しみたい。
この感じがすごく面白い。」

 

とコメントし、
身長のアンバランスをアピールし、
また笑いを誘った。

 

その他には、
今川義元を落語家の春風亭昇太
義元の息子・氏真を
歌舞伎俳優の尾上松也
義元の母・寿桂尼を
浅丘ルリ子が演じるほか、

 

花總まり、高橋ひかる、和田正人
の出演も決定している。

 

今川義元を演じる静岡出身の昇太

 

「歴史が大好きで、特に今川家が好き。
地元の戦国大名なので愛している。
普段着ている着物も勝手に
今川家の家紋を使っています。」

 

“今川家愛”を示した。
義元の嫡男氏真役の松也は、

 

「無残に人をあやめる
指示を出したり、
悪役的要素のある時期も
あるそうです。
悪行を働く役は大好きなので、
楽しみつつ演じられたら…。」

 

と期待を寄せた。
また、義元の母・寿桂尼役の浅丘

 

「まさか昇太さんが、
私の息子とは思いませんでした。」

 

と、驚きを語った。

 

この個性豊かなキャストに囲まれ、
主演の柴咲コウは、

 

「男性陣が建設的に役を構築して
ドラマが作られていくのだろう
という感じ。

女性は人数的にもそんなに多くない
現場になると思いますが、
華となって直感的にお芝居して
紡いでいくのかと思います。」

 

との印象を語った。

 

NHK大河『おんな城主 直虎』は、
来年1月8日からの放送となる。

-尾上松也, 春風亭昇太, 柴咲コウ, 浅丘ルリ子, 芸能情報, 菅田将暉, 菜々緒, 阿部サダヲ
-, ,

Copyright© 芸能ニュース│まいトレンドスクープ , 2020 All Rights Reserved.