お笑い

【ビートたけし】主演『女が眠る時』が公開!男と女はちがう生き物?

更新日:

北野武│『女が眠る時』は見る人によって変わる作品

 

こんにちは、
管理人Pです。

 

今日は2月27日公開の
ビートたけし主演『女が眠る時』
という映画。

 

自作以外では12年ぶりとなる
主演作『女が眠る時』の
初日舞台挨拶でたけしは

 

「最近の日本映画は
エンターテインメント重視で
話題になるのはお客さんの数だけ…
遊園地のような映画ばかり
もてはやされる」
と苦言を呈す。

 

『女が眠る時』の初日舞台挨拶には
たけしをはじめ西島秀俊、忽那汐里、
小山田サユリ、ウェイン・ワン監督
が登壇。

 

この映画は、ワン監督自ら
日本で撮影することを提案し、
初のオール日本人キャスト
スペイン人作家ハビエル・マリアスの
短編小説を映画化したもの。

 

スランプに陥った小説家が
滞在したリゾートホテルで
初老の男性と若い美女カップルに出会い
その異様で妖艶な空気に
魅せられていく…。

 

何が現実でどこからが妄想なのか、
狭い空間の中で展開していく
不思議なミステリー。

 

海外での活躍も目覚ましい、
年齢の離れた恋人役の忽那に

 

「現場ではとても寡黙な方」
と明かされたたけしは

 

「きっとご覧になった
皆さんの頭の中で
知性と感受性が戦っているはず。
そういう意味では、
頭のエンターテインメント
ワン監督には
よくぞ作ってくれたと言いたいし
何時間でも討論できるようなこの作品に
日本映画界が刺激を受けてくれれば」
と持論を展開。

 

西島も
「皆さん、見終わった後で
少しボーっとされていますね。
僕もそうでした…。
ぜひ、気持ちいいを見たような
余韻を楽しんで貰えれば」
とコメント。



 

ワン監督は
「映画を作った私自身が、
見るたびに新しい解釈や答えを
見つける作品。
皆さんも、自分の感性を信じ、
自分なりの答え
見つけてください」
と語った。

 

この作品は今月、
第66回ベルリン国際映画祭
パノラマ部門に正式出品され、
ワン監督、西島、忽那が現地入り。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

この日は
ベルリン行きが叶わなかった
たけしへのお土産が
3人からプレゼントされた。

 

たけしはワン監督が選んだ
シカのオブジェに興味津々…。

 

そのたけしはこの映画を
『妄想と覗きのバームクーヘン』
と表現し、西島は
たけしの演技の凄まじさに
打ちひしがれたという。

 

ワン監督は撮影前、
「あなたが撮ってきたヤクザ映画と近い」
とたけしに言ったのは
“忠誠心”という共通点だ。

 

そしてこの作品は
見る人それぞれの立場や性別、
既婚か未婚かなどによっても
受け取り方が変わってくるようだ。

 

男と女は違う生き物ではないのか?
など考えさせられる。

 

作品の中では、
“演じず、ただキャラクターとして
そこにいること”をワン監督は望み、
たけしや西島を翻弄。

 

役者を混乱させ、
本能に頼るしかない状態から出てくる
“リアル”なものを引き出すのが
目的のようだ。

 

完成した映画を見て

 

「一からやり直そう、
全然勝負にならない。
心を入れ替えてやり方を探そう」

 

あのストイックな西島に
そう言わしめた北野たけしの
凄さを、新ためて感じた。

 

これだけ客に委ねられた映画
あまりみたことがない。

 

よく観客が見ることで
初めて映画が完成するというが、
まさにそういう作品。

 

『女が眠る時』

 

ぜひ、見てほしい映画です。。

-お笑い
-, ,

Copyright© 芸能ニュース│まいトレンドスクープ , 2020 All Rights Reserved.