HARUHI 小林武史 芸能情報 越野アンナ

【小林武史】娘HARUHIのデビュー曲を映画『せか猫』主題歌に

更新日:

小林武史│シンガーとなったふたりの娘の曲をプロデュース!!

 

こんにちは、
管理人Pです。

 

5月14日に公開された映画
『世界から猫が消えたなら』
の主題歌でデビューした
新人シンガーのHARUHI

 

主演の佐藤健も、

 

「すごくキレイな声。
特別な才能の持ち主だと思います。」

 

と、唸るほどの歌唱力。

 

出演している宮崎あおいも、
「耳にも心にも気持ちのいい声。」
と絶賛しているという。

 

彼女は新人とは思えないほどの
すさまじい表現力の持ち主で、
男性とも女性ともとれる声質で、
年代も感じさせない。

 

その実力に魅了される人も多い
と、音楽誌ライターも絶賛。

 

HARUHIのデビューシングルで
プロデュースを手がけたのは
父・小林武史

 

My Little Lover
Mr. Children
一青窈などを手がけた
言わずと知れた
天才音楽プロデューサー。

 

HARUHIの曲が
主題歌に抜てきされたのは、
彼の推薦だったという。

 

「2年前に『せか猫』の
主題歌の候補として、
小林が最初に挙げたのが
HARUHIの曲。

 

その声に衝撃を受けた
原作者も監督も、
ほかの方では
考えられなかったそうです。」

 

と制作会社関係者は
話している。

 

当時15歳だった
無名の少女を見いだした小林だが、
実はHARUHIとの間には
知られざる秘密があった。



 

HARUHIは、小林と
My Little Loverのakkoの娘。

 

このふたりから受け継いだのか、
音楽センスもバツグン。

 

実は、HARUHIの
今年3月にデビューしている。

 

姉は『anderlust』という、
マイラバと同様、
男女2人のユニットを組む
越野アンナ

 

'14年に女性向けファッション雑誌
『NYLON JAPAN』と
ソニーミュージックによって
開催されたオーディションを
きっかけに、

 

シンガーソングライターとして
活動をスタートした。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

その後、
ベーシスト兼アレンジャーの
西塚慎吾と出会い、
ユニットを結成。

 

越野は、多部未華子主演映画
『あやしい彼女』の主題歌
“帰り道”でデビュー。

 

この曲もまた、
小林のプロデュース。

 

くしくも、小林がマイラバを
プロデュースした時のように、
男女のユニットでデビュー。

 

その柔らかな歌声は
マイラバのボーカル、
母・akkoを彷彿とさせる。

 

小林とakkoは
'99年に結婚するも'08年に離婚。

 

そんな親子はともに
楽曲を制作することもあるが、

 

姉・越野アンナは
父である小林を

 

「尊敬するプロデューサーのひとり。
天才なんだなって肌で感じました。」

 

といい、
妹・HARUHIは

 

「いただいた歌詞が
あまり好きじゃなくて(笑)。」

 

親子と言っても、あくまで
プロデューサーとシンガー
として対峙し、
切磋琢磨しているようだ。

-HARUHI, 小林武史, 芸能情報, 越野アンナ
-, ,

Copyright© 芸能ニュース│まいトレンドスクープ , 2020 All Rights Reserved.