芸能情報

【船越英一郎】新『デスノート』に新たな所持者・最高裁判事として 

更新日:

船越英一郎│デスノートを使い何をどのように裁いていくのか?

 

こんにちは、
管理人Pです。

 

俳優・船越英一郎が、
10月29日に公開される
オリジナル新作となる実写映画

 

『デスノート Light up
the NEW world』
に出演することが分かった。

 

今回6冊あるデスノートのうちの
1冊の所持者となる裁判官・
御厨賢一(みくりやけんいち)
を演じる。

 

原作・大場つぐみ氏、
作画・小畑健氏の人気漫画を
2006年に実写化した映画
『デスノート』の続編となる。

 

デスノートを駆使し、
世の中に野放しになっていた
凶悪犯を、次々と死に追いやった
キラこと夜神月(藤原竜也)と、

 

命をかけてキラを食い止めた
L(松山ケンイチ)の対決から、
10年後の世界が舞台となっている。

 

原作に存在しながらも、
使われていなかった
“6冊ルール”を採用した
オリジナル新作になる。

 

今作では、
死神界からデスノートが
6冊もたらされる…。

 

そのうちの1冊を
渋谷の街にいる一見普通の女の子
青井さくら(川栄李奈)が手にし、
何の罪もない大群衆を
恐怖に陥れていく…。

 

大都会を見下ろすビルの屋上で
フードを目深にかぶった青井(川栄)。



 

「キラよりおもしろいもの、
見せてあげる。」

 

 

と、不敵な笑みを浮かべ、
次々に恐怖の中に…。

 

史上最悪の所有者・青井の狂気は、
新たな世界に落とされた
デスノートがもたらす
新世界の幕開けを知らせる…。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

デスノート対策本部の
三島(東出昌大)ら刑事が、
新たな犠牲者を出さないため、

 

身に迫る危険をも顧みず、
デスノート所有者である青井を
追いかけるなか、
新たな犠牲者が出てしまう。

 

そして、世界中にもたらされた
6冊のうちの1冊が、
本来、法で悪を裁くはずの
裁判官・御厨の手に渡る。

 

最高判事として識見が高く
法律の素養がある御厨が

 

なぜデスノートを手にし、
どのような行為に
及んでしまうのか?

 

また、あの忘れてはならない
リンゴが大好きな死神…。

 

歌舞伎役者・中村獅童の
フェイシャルキャプチャーを行い
フルCGで描かれる新生リューク

 

 

「思い入れが深い作品で
今回のオファーも
とても嬉しかったです。

この作品でまた新しい『デスノート』が
誕生したのではないのかなと思います。

出来上がりがどんなふうになるのか
私自身もすごく楽しみです。」

 

とコメントしている中村は
もう、リュークにしか見えない。

 

まだまだ、
謎に包まれている
この『デスノート Light up
the NEW world』
のほんの一端が、
少し明かされただけ…。

-芸能情報
-, ,

Copyright© 芸能ニュース│まいトレンドスクープ , 2020 All Rights Reserved.